【小学生】自主学習は何をする?ネタに困ったらがんばる舎のプリントを利用してみて!

小学校によっては、宿題に自主学習または家庭学習という、自分で勉強する内容を決めてノートに書くというものがありますが、あなたのお子さんはどうでしょうか?

地域によって「自主勉ノート」とか、「宅習」と言ったりします。

我が家の小学4年生の息子の宿題は、漢字・プリント・自主学習or日記です。

多くもなく少なくもなく、息子にはちょうどいい量です。

いつもだいたい、書いて覚えたいもの(日本地図や算数の図形の問題など)を自主学習ノートに書き写していますが、息子から「今日は何をしようかな??」と聞かれて、「これをしたら?」と、アドバイスすると「それはもうやった」と返されることも多いです。

どこのご家庭でも「自主学習のネタ」に頭を悩ませることがあるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

自主学習に「がんばる舎」のプリントを使ってみることに

小学生の間は、親がどれだけ子どもの勉強に関わるかで、成績に差がでるそうです。

以前の学校では、テストがある日は時間割で教えてもらえていたので、それに合わせて私が勉強させていたのですが、お引越しで学校が変わってからは抜き打ちテストが当たり前。時間割に「テスト」と書いてあっても結局先生の都合でやらなかったり。

テストの日が予想できなくなってしまいました(p_-)

今までテスト前の勉強だけ時間をかけていた我が家では、今の小学校に変わってから点数が落ちてしまいました(._.)

テストの前だけ「出そうなところを勉強させる」のでは、テストではいい点数が取れたとしても、定着はしないですよね。

やはり毎日の積み重ねが大事です。ちゃんと理解できているか親が普段からチェックしておきたいですね。

「自主学習」は、自分の苦手な部分を復習したり、繰り返し学習するのにうってつけです!

親が問題を作ってあげてもいいと思いますが、それはちょっと難しいですよね。

そこで我が家は「がんばる舎」のプリントを使ってみることにしました。

もちろん、私も必ず目を通し、子どもと一緒に学習したいと思います。ドラマ「下剋上受験」のように…

 

本も買って今読んでいます↓↓

続きが気になりすぎて、後ろから読んでしまうんですよね…(^^;

 

がんばる舎とは!?

学校で使用している教科書に合わせて国語・算数・理科・社会が学べるプリントの通信教材が毎月送られてきます。(理科と社会は1年分まとめて送られてきます。)

幼児教材すてっぷは月々680円

小学生教材Gambaエースは月々800円

中学生教材Gambaエースは月々800円

息子は小学生なので、小学生教材Gambaエースになります。

なんと最初の1ヶ月は無料で始められて、合わなければそのままやめても良いのです!年会費などもありません。

これなら初期費用は必要ないので始めやすいですよね!

【1日20分の集中学習で大きな成果を】

教科書の内容理解を最優先

授業の内容を理解していれば、学校のテストで高得点がとれます。授業は教科書に沿って進められるので、家庭学習でも教科書に合った教材で進めるのがベストです。

毎日1枚、20分の学習で効果。

1日1枚20分の学習なら、集中して取り組めますね。毎日一定量の学習をこなすことで、着実に知識を増やし、学力を伸ばして高い教科力を身につけられます。

学校のテスト前には復習用に。

学校のテスト前にあわてて勉強しようとして、どこから手をつければよいかわからない、ということは避けたいですね。テスト範囲のプリントを解けば対策はOKです。
(がんばる舎ホームページより)

がんばる舎のプリントを使ってみた感想

とりあえず試しにと始めてみて10日ほど経ちますが、これは良いです!!

「A3サイズのプリント」というのが息子に合っているのだと思います。

これより大きいサイズのプリントだったり、問題集のように開いて使うものだと量の多さにげんなりするところですが、がんばる舎のプリントは小さめで問題も少なめ。

たまに解説だけでプリントの半分を使っていたりするので、飽きっぽい息子でもスイスイ終わらせてしまいます。

調子がいい日は1日に何枚もやるときも( *´艸`)

 

がんばる舎のプリントは教科書準拠!親も一緒に取り組もう

息子がプリント学習を始めてから私も一緒に取り組むようにしています。

まず子どもが学校から帰ってきたら、教科書を広げて、今日習ったところのページに丸をして日付けを書かせます。

これをすることで、親もどのようなことを習ってきたのか確認でき、予習、復習をさせるときの目安になります。

がんばる舎のプリントは教科書準拠なので、習ったところと同じ内容のプリントをさせています。(教科書を見ながら答える問題もあります。)

その日習った授業の復習がバッチリできるようになりました(^^)v

 

がんばる舎のプリントを「自主学習ノート」に貼って提出してみた

我が家では終わったプリントを「自主学習ノート」にそのまま貼って提出しています。

一応、担任の先生に、このやり方で良いか確認してみたのですが、問題ないとのこと。(先生によって意見が違うかもしれませんが…)

でも「書いて覚えた方が良いものはたまに書かせてくださいね。」と言われました(^^;

例えば、国語なら辞書を使って言葉の意味を調べて書いたり、算数なら立方体の展開図とか、覚えなければいけない言葉などは自分で書かせようと思います!

がんばる舎のプリントを始めてから家庭学習のネタに困らなくなったので、我が家にとっては大助かり(^^)v

もし、プリントをそのまま貼るのはダメと言われてしまったら、プリントを書き写してもいいと思います。大事な部分がまとめてあるところを書いて覚えるのはとても良いことだと思います。

先生に褒められる自主学習ノート」が作れるといいですね(^^)v

教材は1ヶ月ごとに送られてくるので、その月内で終わらせるためには毎日1枚はする必要がありますが、1枚1枚の問題数が少ないので、習い事のない日などは枚数を増やしています。

余裕があるときは次のプリントをやってしまえば、予習にもなりますよ!!

「自主学習ノート」の提出がない日にやった分のプリントも全部ノートに貼っているので、どんどん厚みが出てきました。

子どもはそれを見て達成感を感じられるようです(*´ω`*)

もしプリントの枚数が物足りないようなら、応用問題中心の「パワーアップ算数」のプリント(100枚)を追加購入することもできます。

 

4教科以外にも英語となぜなにプリントがあります

4教科以外にも「英語」と「なぜなに」プリントがあり、国語と算数のプリントの裏に印字されています。

なぜなにプリントは、なぜだろう?と不思議に思うことや雑学が書かれた読み物です。大人がみても面白い内容ですよ!

2020年から、英語は小学3年生から必修化・小学5年生から教科化されます。英語プリントではアルファベット・単語・日常会話などが学べます。内容は簡単なのでぜひ一緒に取り組んで、親子で英語を楽しみましょう!

 

まとめ

がんばる舎のプリント学習は、無理のない量を毎日こなすことで、学習の定着につながります(^^)v

短い時間でポイントを抑えられるので、習い事などで忙しい子どもさんにもぴったりの学習方法と言えます!

1ヶ月800円と続けやすい費用も魅力ですね(^^)/

また、問題集選びで迷っている方も、1ヶ月間は無料で試せる「がんばる舎」のプリントを試してみてはいかがでしょうか。

退会の手続きがネットでできるのも魅力!

 

◎がんばる舎のお申し込みはこちら
↓↓↓
月800円。教科書対応。学校のテスト形式のプリント教材を毎月お届け!

【関連記事はこちら】

家庭学習はポピーかスマイルゼミか。比較してみる

タブレット教材スマイルゼミに決定!!大喜びする子ども達

【小学生】夏休みの自宅学習はスマイルゼミにおまかせ!!(英語も学べます)一学期間使ってみた結果は…!?