【歯科衛生士のパート】働き過ぎ注意!損をしないように気を付けよう!~103万円の壁・130万円の壁~

これから歯科衛生士のパートとして復職を考えていらっしゃる方。

お給料の計算をせずに働きすぎると、損してしまうことがありますよ!

復職する前に、自分はどのくらい働いた方がベストなのかシミュレーションしておきましょう!

自分に合った働き方

「103万円の壁」とか、「130万円の壁」という言葉を聞いたことはありませんか!?

年間のパート収入の合計で自分や夫の税金の額や手取りの額が変わるので、ひと月にどれくらいお給料をもらうと良いのか計算しながら働きましょう。

年間93万円以内で働く

年間のパート収入が93万円を超えると、住民税がかかってきます。(地域によって違います。98万や100万のところも。※要確認)

超えないようにしたければ、ひと月の収入が7万5000円くらいになるように調整しましょう。

年間103万円以内で働く

年間の収入が103万円を超えると住民税に加え、所得税がかかってきます。また夫が配偶者控除を受けられなくなり、配偶者特別控除(妻の収入に応じた控除が受けられる)に変わります。

103万円を超えないようにしたければ、ひと月の収入が8万5000円くらいになるように調整しましょう。

我が家の場合ですが、夫の会社から「配偶者手当」を受けられる条件として妻の収入が103万円以内と決まっています。(配偶者手当は月に2万円くらい)

103万円を少しでも超えてしまうと、配偶者手当の年間の合計20万円ほどを会社に返金しなければいけませんΣ(゚Д゚)

実際、超えてしまって返金の請求がきた人もいます。(その方は幼稚園の先生のパートをしていたようです。)

なので私は103万円以内で働くようにしていました。

それぞれ夫の会社によって手当の額、規定が違うので働く前に必ず確認しておきましょう。

気を付けないと損をしてしまいますよ!

年間130万円以内で働く

年間の収入が130万円を超えると住民税や所得税に加え、今まで夫の会社がかけていてくれた健康保険料や年金も自分で負担しなければならなくなります。

これは大きな壁ですよね。

130万円を超えないようにしたければ、ひと月の収入が10万円くらいになるように調整しましょう。

私の周りのパートさん(歯科衛生士や歯科助手)はこの範囲で働いている人が多かったです。

ある歯科助手の方は、知らずに範囲を超えて働いていて、あとで追徴金の請求がきたそうです!怖いですね(>_<)

損をしない働き方

夫の会社からの配偶者手当がよほど大きくない限りは「130万円以内」で働くのがベストではないでしょうか。それくらいの範囲なら住民税や所得税がかかってもわずかなものです。

気を付けないといけないのは「130円万以上」で働く場合。

夫の方は控除が減るので(または無くなるので)手取りが減り、妻も保険料や年金などの負担が大きく、手取りが減ります。

130万円を大きく上回るほど働かなければかなり損をしてしまいます。

もし勤めた歯科医院が社会保険、厚生年金に加入していなければ、自分で国民健康保険、国民年金に加入しなければいけないので、さらに負担は増えます。

実際、加入していない歯科医院は多いです。(私が勤めていたところは歯科医師国保+厚生年金という組み合わせでした。)

正社員くらいの年収がないのであれば、130万円以内で働くのが無難でしょう。

育児や家事のことを考えるとなおさら…(^^;

時給が1000円だとして、1ヶ月の労働日数が23日、1日4時間の勤務でひと月のお給料は92000円+交通費。

これくらいでいかがでしょうか(^^)/

これから歯科衛生士の復職をお考えの方!求人サイトに登録すると、希望条件に合った求人案件を紹介してくれます。

面接では話しづらいお給料の相談なども、採用担当者とメールやLINEで気軽にやり取りできますよ!

↓↓↓


さらに復職が成功するとお祝い金ももらえます(^^)/

新生活のスタートにぜひお役立てください!