【エアコン選び】パナソニックに決定「エアコンはつけっぱなしの方が電気代が安くなる」という噂。我が家の場合は…

エアコンの画像

 

我が家の新居にはエアコンが6台必要になります。(リビング、和室、子供部屋×2、寝室、サンルーム)

現在の住まいではエアコンを2台使用していて、今のリビングに使用しているものを寝室に使い、6畳用のエアコンはサンルームで使用する予定ですが、あと4台足りません。

購入したら一体いくらかかるのか、ドキドキしながらヤマダ電機(テックランド)へ行ってまいりました。

 

スポンサーリンク

 

エアコンのメーカー選び

店内にはたくさんのエアコンがズラ~っと並んでいます。日立、三菱、パナソニック、シャープ、ダイキン…

一体どうやって選んで良いのかわかりません。

 

私は『アメトーク』の家電芸人の括りが好きで良くみるのですが、良い店員は声が高くなると言っていたのを思い出し(笑)良く説明してくれそうなしゃきしゃきした店員さんを探しました。

…が結局、しゃきしゃきしていそうな店員さんはすでに接客をしていてつかまらず、近くにいた色白のほそーい中年男性の店員さんに声をかけました。

 

「新居に引っ越すのでいろいろ揃えたいのですが…」

 

すると、色白な店員さんは急に目つきが変わりました(ー_ー)!!✨キラリン

やる気満々です。

何から選んでいけば良いのかわからないので、とりあえずエアコンのお勧めのメーカーを聞いてみました。

 

店員さんによると、各メーカーごとに何かに特化したものがあり(空気清浄だったり除菌性能だったり…)、お客さんのニーズに合わせて決めていくとのことでした。

「節電重視で…」と言ってみると、いまどきのエアコンはだいたい節電になっているとの回答。

迷っていると、総合的な機能が平均的に備わっているのがパナソニックだと教えてくれました。

前の年に新しい機能を付けて売り出してきたメーカーに対して、パナソニックも真似をして技術を重ね、「今年はうちもできるようになりましたよ。」というふうに売り出すのだそうです。もともとパナソニックは技術力が高いので、出来ばえも良いそうです。

 

この店員さん、見かけによらずなかなかやりますね(゚Д゚)

 

…というわけで、メーカーはパナソニックに決定しました。

ヤマダ電機ではメーカーを統一するという条件で割引をしていて、4台購入したうちの、一番高いエアコンが半額になるとのことでした!!( *´艸`)ラッキー

 

新居はリビングが吹き抜けで24畳のうえ、和室まで開けっぴろげると30畳くらいになります。

冷暖房時おもに26畳用(冷房22~33畳、暖房21~26畳)の最上位クラス(WXシリーズ)のエアコンの価格、なんと30万円以上でしたΣ(゚Д゚)

でも半額になるならと、一番良いものを選びました。残る子ども部屋(10畳用×2部屋)と和室(6畳用)はミドルクラス(EXシリーズ)のものを選びました。

 

 

新居に引っ越しに伴い、エアコンの他に冷蔵庫、電子レンジ(ビストロ)、炊飯器、テレビ、BDレコーダーを購入しました。全部で150万円くらいだったのですが、そこから値引きが22万円くらいありました。

結局何がどれくらい値引きされたのかわかりません|д゚)

後日ポイントが付いたら掃除機も購入予定です。

 

 

Panasonic(パナソニック)エアコンの特徴

①世界初の温冷感センサー(人の暑い、寒いの感覚を見分けるセンサー)で一人ひとりを快適に

エアコンを付けているとき暑く感じる人、寒く感じる人、感じ方は人それぞれです。

パナソニックのエアコンはからだからの放熱量を見て、独自のアルゴリズムで人の「暑い」「寒い」の感覚を見分ける世界初の『温冷感センサー』を搭載。

リモコンの設定温度を変えなくても、自動で風を吹き分け、一人ひとりに快適エリアを作ります。

暑く感じている人にはしっかり冷房。逆に寒く感じている人にはひかえめ冷房で、節電にもなります。

 

うちでは常にしっかり冷房で、私は寒いのになぜか暑い人の方が優先されます”(-“”-)”そんなとき『温冷感センサー』で吹き分けてくれると夫婦喧嘩も減りそうですね(^^)v

 

②『エコナビ』が進化し、快適と節電を実現

「ひと・ものセンサー」で人やお部屋を見極めて、ムダエリアへの冷風をカット。

人の在・不在→人が居なくなるとパワーを自動でセーブ。人が戻ったら元の運転へ。また、3時間人が戻って来ない場合は運転をオフ。

人の居場所・状態→人の居場所にしぼって冷房。その人の状態を見て、冷房パワーのムダをカットします。

間取り・家具の位置→いつもの生活エリアを学習し、ムダエリアへの冷風をカットします。

天井・壁→天井・壁の輻射熱を学習し、最適なパワーで冷房します。

 

温冷感センサー

寒く感じている人へは風を弱めて節電。

 

日射センサー

日射が弱くなると、冷房パワーを弱く。

 

③はじめは、すばやく。涼しくなったら、静かにやさしく。

高速制御

パナソニック独自の6倍速制御により、冷房の立ち上げスピードを高速化。冷暖房がパワフルにスタートします。

すぐでる冷房(パワフル設定時)…スイッチを入れたらひんやりとした冷風が、すぐにたっぷりと吹き出すから、汗だくの帰宅時等に便利です。

もっとモード…「もっと」ボタンで、冷房がもっと強力に。一定時で元に戻るから、いまだけもっと冷やしたい時に便利です。

 

新・静音設計

冷房安定時、従来に比べてグッと静かに。

 

天井シャワー静流

大きなフラップが、冷風を天井方向へしっかり持ち上げるから冷たい風が直接からだにあたらず快適。

新・静流設計との相乗効果で、音も静かなくつろぎ冷房空間を作ります。

 

④暖房の機能

すぐでる暖房…すぐに温かい風がでる

足元暖房…冷える足元をしっかり暖房

ロングワイド気流…温風がすみずみまで届くから、広々リビングが冬も快適に

⑤その他の機能

UV&Ag+除菌…自動でフィルター除菌&カビ制御

お掃除ロボット…まるで掃除機みたいにホコリを吸引→屋外へ自動で排出

ナノイー…(除菌・脱臭効果)空気の汚れを制御 (美肌・美髪空間)うるおい美肌・美髪空間へ

 

勝手にお掃除してくれたり、脱臭してくれたり…つけているだけで肌にも髪にもいいなんて、至れり尽くせりのエアコンですね。

(すべてXシリーズで機能説明しています)

 

 エアコンはつけっぱなしのほうが電気代が安くなる!?という噂について

最近、「エアコンはつけっぱなしのほうが電気代が安くなる」というウワサをよく耳にしませんか?

うちは今、猫ちゃんがいるので常に29℃でつけっぱなしにしていますが、ずっと一定の温度を保っているので29℃でも全然暑いとは感じません。

猫のイラスト

 

昨年はこまめにエアコンを消していたのですが、今年の電気代と比べてみると、6月分も7月分も2,000円ほど今年の方が安いです!!Σ(゚Д゚)

昨年と比べて電気料金が値下げされているとしても2,000円の差は大きいです。まだ7月20日以降の電気代はわからないので逆転する可能性もありますが…

 

安くなるか高くなるかはエアコンの性能や年数、住んでいる部屋の条件で変わるので、一概にこうとは言えません。

エアコンが一番電気を使うときは、部屋の温度を急激に変えるときです。なので短時間の外出であればつけっぱなしにしていた方が良さそうですね。

パナソニックのエアコンも3時間人がいない状態になると勝手に運転をオフにする機能が付いていることを考えると、3時間以内の外出であればつけっぱなしの方が良いということでしょうか…!?

 

大事なのは、急激に部屋の温度を変える回数を減らすことですね(‘ω’)ノ

あと、うちの場合、常に29℃設定というのもだいぶ節電になっているのだと思います。

冷房の設定温度は28℃が推奨されています。
エアコンの温度設定は消費電力に大きく関わり、冷房の場合、設定温度を1℃上げるだけで約10%もの節電になります。
今年の夏は、推奨されている28℃より高い設定温度を心がける方もおられると思いますが、その際は無理をしないようにくれぐれもご注意ください。とくに、体温を調節するための発汗機能が低い高齢者や乳幼児は、体調をくずす恐れがあります。

http://www.daikin.co.jp/setsuden/home/summer/index.html

詳しい節電の仕方は、ダイキン公式ホームページの「エアコン節電情報」で見られます。

 

こまめなエアコンのお掃除は節電につながる

エアコンのフィルターは2週間に1度はお掃除した方が良いそうです。

うちで今使っているエアコンは勝手にお掃除してくれるタイプなので、何もしなくていいと思い、1年ほど放置していたら効きが悪くなってしまいました。

フィルターを見てみるとほこりがびっしり付いていました。

こんな感じ↓(イメージ)

びっしりとホコリが付いたエアコンのフィルター

きれいにお掃除するとうそのように涼しい風が出てきました。

 

フィルターの詰まりが原因と気づく前は、効きが悪いのでフルパワーにして何日か使っていました。かなり電気代がもったいないですよね(._.)

お掃除機能が付いていてもやはりお掃除は必要ですね(^^ゞ

 

エアコンのフィルターのお掃除方法

①掃除機である程度ホコリを吸う。(長く放置した場合これだけでは取れません)

②水洗いする。(汚れが取れないところは使い古しのハブラシを使いました)

③陰干しする。

 

お掃除は面倒ですが、2週間に1度とこまめにするならホコリも楽に取れると思います。節電対策をしながら暑い夏を乗り越えましょう!!