【捨て猫を見付けたら】飼うときの心構え&飼えないときどうするか

こんにちは!息子のユウです。

僕が捨て猫のみーちゃんを拾ったのは6月8日なので、おうちに来てからもうすぐ5ヶ月になります。

拾った次の日、動物病院で体重を測ると700gでした。月齢は1〜2ヶ月とのことでした。

このころはしつけもしやすく、離乳の時期なので、飼い始めるのにベストな時期だそうです。

もっと大きくなってからだと、新しい飼い主になれにくかったり、しつけもしにくくなってしまうそうです。

拾った当日のみーちゃん

(拾った当日)

関連記事⇒ケガをしている捨て猫を拾った!!~息子の捨て猫ブログ~

先日、みーちゃんが下痢と嘔吐をしたため動物病院に連れて行きました。そのとき体重を測ると、3300gになっていました。

現在のみーちゃんは月齢6ヶ月。人間でいうと中学生くらいだそうです。

大きくなったみーちゃん

(最近のみーちゃん)

猫は体重が3kgを超えると抵抗力も強くなるので、死亡率がぐっと減るそうです。

拾ったばかりのとき、先生から「拾った子猫はいつ死んでしまうかもわからないので、覚悟はしておいてください」と言われていたのですが、どうやらその心配はなくなったようです(*´ω`*)ヨカッタ…

みーちゃんがおうちに来てくれて家族全員本当に嬉しいのですが、大変な部分もあります。

もしあなたが捨て猫をみつけて飼おうか迷っていたら、下の「捨て猫を飼うときの心構え」を読んで、本当に飼えるかどうか良く考えてみて下さい。

また、飼ってあげられないときどうするかについても考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

捨て猫を飼うときの心構え

家の中で飼ってあげられますか?

猫の放し飼いで心配なのが交通事故。僕は車にひかれた猫を良く見かけます。

お隣の猫ちゃんもひかれて死んでしまいました。

猫の放し飼いによるご近所トラブル(庭にふんをされたなど)も心配です。

また、外の猫と接触することで病気をうつされたり、病気の原因になるノミをうつされてしまうので、できればお家の中で飼ってあげるのがベストです。

ノミがいる猫のイラスト

関連記事⇒猫のノミ皮膚炎は夏に増える!?洗うだけでは防げない!良い予防法とは?

同居している人が猫好きか。アレルギーはないか

基本的なことですが、同居している人は全員猫好きですか?

もし猫が苦手な人がいる場合、近づけないようにするのは大変です。また猫アレルギーの人がいる場合、掃除にとても気を使います。

月齢は適しているか

月齢1ヶ月未満のまだ離乳していないような子猫を育てるのはとても難しいです。

猫用のミルクや哺乳瓶はありますが、人間の赤ちゃんと同じで、数時間おきに授乳をしなければいけません。(夜中も)

1日中誰かが家にいてお世話してあげられる状態でないと厳しいです。

また、前述したように、生命力が弱いので、いつ死んでしまってもおかしくありません。心の準備が必要です。

逆に、おとなの捨て猫を飼う場合は、飼い主や場所に慣れにくいことがあります。また、トイレのしつけも子猫と比べると難しいです。

トイレの問題

捨て猫を拾ったらまずトイレの練習からになると思います。

トイレに座る猫

 

トレーニングの仕方はこちら⇒捨て猫のみーちゃん、トイレトレーニングをする

猫は頭が良く、きれい好きなのでわりとすぐトイレを覚えると思いますが、何度かそそうしてしまうこともあるでしょう。

みーちゃんは何日かたて続けに布団の上でおしっこをしてしまい、お母さんは洗濯がとても大変そうでした(^^;

みーちゃんの場合は、神経質すぎて、自分の嫌いな砂では用を足したくなかったのが原因でした。

結局砂を変えることで解決しました。なんてデリケートなんでしょう。

関連記事⇒【猫のトイレ】急にどこにでもオシッコをするようになった猫のみーちゃん。その理由とは!?

爪とぎの問題

猫は爪をとぐ生き物なので、とぎやすそうな場所を見つけるとバリバリ始めます。

絶対にといで欲しくない場所があったら、それなりの対策が必要になります。

 

みーちゃんは古いソファーで爪とぎをしていたのですが…

爪とぎされた古いソファー

 

新しく買いなおしてからはみんなから怒られています。

爪とぎされた新しいソファー

新しいソファーがボロボロ…(p_-)

現在しつけ中です。関連記事⇒猫の爪とぎと噛み癖、ひっかき癖の理由。【猫をしつけるときに気をつけたい4つのポイントとは!?】

噛み癖、ひっかき癖の問題

猫によりますが、興奮しているときなどに人間を噛んだり、ひっかいたりしてくることがあります。

ひっかかれた腕

(お母さんの腕)

原因としては、眠かったリ、歯の生え変わりの時期でむずがゆかったり、飼い主が人の手で遊ばせる癖をつけてしまったことによります。

もしご家族に小さいお子さんがいる場合はこわがってしまうでしょう。

 

お母さんご自慢のブラインドのヒモも噛みちぎられ、無残な姿に…

噛みちぎられたブラインドの紐

しつけの仕方はこちら⇒猫の爪とぎと噛み癖、ひっかき癖の理由。【猫をしつけるときに気をつけたい4つのポイントとは!?】 ~息子の捨て猫ブログ~

費用の問題

動物病院のイラスト

 

捨て猫はノミがついていたり、お腹に寄生虫がいることがあります。

拾ったらすぐに動物病院に連れて行く必要があります。

動物病院に連れて行くと、人間と違って保険が効くわけではないので、わりと高額になってしまいます。

病気から守るための予防接種は、最初は2回必要で、その後は年に1回、毎年受けなければいけません。

先日みーちゃんの下痢と嘔吐で病院に行ったら、寄生虫が残っているかもしれないということもあり、注射を3本打って、薬をもらい、費用は9900円でしたΣ(゚Д゚)

僕はお母さんと一緒に動物病院に付いて行ったのですが、途中、お母さんが「お財布に1万円しかない」と言っていたので、足りるかドキドキしていました。

ぎりぎり足りて良かったですが痛い出費です(p_-)

関連記事⇒【猫の病気】みーちゃん突然の下痢と嘔吐。原因はストレス?寄生虫?~息子の捨て猫ブログ~

また、毎日のえさ代や、定期的に買うトイレの砂代など、結構お金がかかるのでお母さんは自分のおやつを買わずに我慢しているそうです(´・ω・`)

 

捨て猫を飼ってあげられない時は…

捨て猫のイラスト

保健所に引き取られた猫のほとんどが殺処分されています。

できれば小さな命を救ってあげたいですよね。

でもいろんな事情でどうしても飼えない場合もあります。

そのときはできるだけたくさん周りに声をかけてください。僕の知っている猫好きのおばちゃんは、猫を欲しがっている人を探すのが上手で、子猫が産まれたらすぐに里親がみつかりました。

近くの動物病院にお願いして、里親募集の紙を貼らせてもらってもいいですね。

また、SNSを利用して欲しい人を募るやり方もあります。

保健所の猫や犬のイラスト

 

大事な命、見過ごさないであげてください!

眠る猫のみーちゃんを触る僕