【収納選び】失敗したくなかったら!情報満載のサイト『お片付けレシピ』が参考になりますよ。

新居に引っ越して1年以上が過ぎました。

もともと家を建てようと思ったきっかけは、我が家に物が多すぎて賃貸では収納が足りなくなったからでした。

関連記事⇒家を建てる時期がやってきた!汚部屋を公開!!

 

3DKの賃貸の頃のお部屋はどんな感じだったかというと…

↓↓↓

kitchen

物が入りきらず、床に置きっぱなしです。食器棚の扉は壊れて閉まらず、開きっぱなし。

転勤族のため、最初に住んだ部屋の広さに合わせてダイニングテーブルを買ったのも間違いでしたね…

家を建てるまでは家具は小さめがいいと後で分かりました(._.)

そしてなにより収納が足りないと、片付けても片付けてもきりがありません。

終わらない片付けを延々と繰り返すのはとてもストレスでした。

この頃を思い出すと涙がにじんで前が見えなくなってしまいます(*´Д`)

 

新居に入居してすぐは、引っ越しでだいぶ物を処分したことや、広さが倍になったこともあり、とてもすっきりとしていました。

(入居当初)

和室から見たリビング

それでもやはり、日々生活に追われると「いつもきれいに」とはいきません。

物もまた増えていってるし…

結局部屋が広くても「収納するところ」がないと意味が無いんですよね。難しいなぁ…

 

スポンサーリンク

 

収納が下手な私

入居から1年以上経った今、再び「収納」で悩んでいます。

 

たとえば我が家の食器棚をみて下さい↓

(入居当初)

我が家の食器棚

このブログで何度グチったか分かりませんが、全く私の好みではありません。

家を建ててくれた大工の義父が自分の好みで作ってくれたものです。

我が家はどちらかと言うと「和モダン」なお家なので雰囲気に合わせてくれたのだと思いますが…

建築中、食器棚について私の意見を聞かれることもなく、気づいたときにはすでに出来上がっていました。

良く使うのは私なのだから、主婦である私の意見も取り入れてほしかったなぁ。

引っ越し前、壊れた食器棚を我慢して使っていたこともあって、次使うものにはとても期待していたんです(p_-)

 

見た目はまだ良いとして…

この食器棚は収納スペースが少ないので、最近のカウンターの上はこんな感じになっています。

山積みになっているのは紅茶やコーヒー類。

ズボラな私は使いたいときサッと出せる位置に置いておきたいのです。

また、食器を入れる位置が低いので、毎回かがんで取り出さないといけないのもストレスになっています。

 

中の食器も乱雑に重なり、取り出しにくいことと言ったら!

(中身)

 

絶妙なバランスを保っております…

決して人に見られたくない部分です(._.)

関連記事⇒【WEB内覧会 平屋】新築マイホームの失敗談!住んでみて後悔したこと

もちろん、少ない収納でも上手に工夫してお片付けできる方もいらっしゃいますよね。

でも、私センスが無いんです。

お片付け・収納センス0(ゼロ)なんです。

しかもズボラな性格なのでこんな風に雑になるんでしょうね。はあ…

物が毎回決まったところに収められていて、なおかつきちんと整理されている。これが理想ですが、なかなかできません。

お片付けサイト「お片付けレシピ」で収納上手に!

そんな私と同じように、お片付けが苦手な方におすすめのサイトを見つけました!!

それはこちら↓↓↓

システム収納・壁面収納|整理収納、片付けの悩みを解消するアイデアやプロの収納術満載の収納かたづけ情報サイト

お片付けの悩みを「収納」で解決するヒントなどが沢山掲載されています(^^)/収納選びの参考になりますよ!

また、お片付けのアイデアや、プロの収納術など情報が満載でとっても参考になります!

時間があるときに覗いてみて下さい|д゚)

 

例えば「お片付けレシピ」で紹介されているこんな食器棚なら…

引用:お片付けレシピ(ミセル ダイニング コの字プラン)より

収納スペースが多くて見た目もスタイリッシュですね。

引き出しが小分けになっているのでズボラさんでもきれいに整理できそうです。

作業しながらさっと物が取り出せそうですね。

 

スモークガラスの上吊棚もかっこいいですね。あまり使わない物はここに収めておくと良さそう。

しかもこの食器棚、全ての扉が地震時に自動で扉にロックがかかる「耐震ロック」付きなので、食器をしまっても大丈夫なんですって!これは安心ですね。

 

こちらは中央部分が「見せる」収納になっています↓

引用:お片付けレシピ(ミセル ダイニングトールプラン)より

古い作り付け収納を使いやすくリフレッシュしたいときにおすすめ。リフォームに最適な埋め込みタイプ。家電を置く場所に合わせてコンセントも設置できます。

新築だけでなく、リフォームでも対応できるんですね。古い収納がこんな風に変身したら嬉しいですよね!

ご自慢の食器など、見せたいものは見えるところに。隠したいものは隠せるタイプです。

これならセンスの無い私でもいけそう( *´艸`)

 

ところで、「システム収納」って知っていますか?

システム収納とは…

システム収納(壁面収納)とは、棚や引き出しなど、同一規格のパーツを組み合わせてつくる収納。
パーツの組み合わせによって様々な用途に対応し、部屋の端から端まで隙間なくすっきりと納めることができるものが多い。
見た目はスタイリッシュで、見せる収納を楽しむことができる。 地震対策は万全。安定感も抜群。

おしゃれで地震対策も万全な収納なんて!素敵ですね!!

リビングならこんな感じに。↓

引用:お片付けレシピ(ミセル リビングフローティングプラン)より

テレビ周りに「隠す収納」と「見せる収納」がバランス良く組み合わされています。

部屋のおしゃれ度がぐっと上がりますね!憧れます…(*´ω`*)

 

ちなみに我が家のテレビ台。↓

こちらも大工の義父のお手製。

作っていただいてとても感謝しています。…ただ、私の好みではありません(._.)

棚の中が丸見えですよね。コンセント部分もできれば隠したかったな。

こんな風に部屋の隅っこに設置すると、テレビの裏側がもの凄く掃除しにくくなります。(っていうか、手が届かないのでまだやったことないです。ホコリがすごいですが。)

もともと隅にテレビを置くのはあまりおしゃれに感じないので建築中、私はずっと反対していたのですが、コンセントの位置を決めるとき義父が譲りませんでした。

部屋を有効活用するためにテレビを端っこに追いやったわけですが、それよりもテレビ周りにシステム収納を設けた方が見た目も使い勝手も良かったと思います。

 

住んでみて思ったのですが、リビングって一日のうちに一番長くいる場所なので、どんどん物がたまってきます。

細かく言うと爪切りとか、ハンドクリームとか、手元に置いておきたい読みかけの本とか。ペットのものとか。

だからといってカラーボックスを買ってきて適当に置いちゃうと部屋がダサくなるんですよね。

収納選びは最初が肝心です!

こちらの壁面収納なんか、もの凄い収納量ですよ。↓

引用:お片付けレシピ(ミセル 多目的リビングプラン)より

物が多い我が家にはこれくらいがぴったりです。本当はこんな風にしたかったなぁ…。

片付けの悩みは収納で解決できます。

収納選びを失敗したくない方は「お片付けレシピ」、ぜひ参考にしてみて下さいね(‘ω’)ノ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

魔法のグローブ /【ポイント 倍】【送料無料】
価格:626円(税込、送料無料) (2018/1/26時点)